fc2ブログ

[ドラクエ10]プレイ日記(2023年10月14日)

着眼点:Ver6.5後期メインストーリー、クエスト、おしゃれ装備品、ハウジングアイテム、チャットスタンプ

今週中でVer6.5後期メインストーリーとメインストーリー関連クエストを攻略クリアしてバージョン6の天星郷ストーリー完結した。
このメインストーリー攻略時間は4時間ぐらいかかった。大半は魔眼の月という要塞攻略時間(ボスたち討伐も含む)がとてもかかった。
そしてメインストーリークリア後の追加クエスト5点(Ver6.4まで追加クエストはクリア済)をクリアするまで2時間かかった。
20231014_01dqx01.jpg

Ver6.5後期の後半は仲間制限(プレイヤー同行とサポート仲間連れは不可)になってソロでクリアしなければならない。複垢にとってちょっと面倒です。
要塞攻略してからラスボス戦の直前に着くと、サポート仲間連れが可能(※プレイヤー同行不可)です。
プレイヤー同行不可になっている理由は味方NPCたちが参加する範囲内ですから。
私の2垢は2画面表示を見ながら同じ操作・行動して問題なく行ける程度です。
Ver6.5後期ラスボスはVer5.5後期ラスボスより強くない。※ボス難易度設定は現在利用不可、2023年11月上旬解禁予定。
→Ver5.5後期ラスボスは強すぎで苦戦したプレイヤーたちが多かった。
Ver6.5後期ラスボスは2連戦あり、第1戦はピンチになるパターンがよくあった。第2戦はNPCたちのサポートでのおかげで難度が低くなった。
主扇天地,サポート仲間の鎌魔剣とブメ旅とスティック僧のバランス構成で無難でした。
天地(扇)は風斬りの舞とカカロン召喚とピオリムとCT技を実行するのみです。ザオリクを一度使ったことがない。カカロンを維持するために更新するのが最優先です。ラスボス第二戦ではパーティのキャラ枠が多いのか幻魔が表示されなくなるが、天地の左マークに表示される幻魔が点滅してきたら召喚更新する。
20231014_01dqx02.jpg

Ver6.5後期ストーリーはジア・クトとの最終決戦です。その結末とエンディングは衝撃でした…。
ジア・クトの脅威からアストルティアを守ったが、代償が大きいことやジア・クトの存在が消化不良ですっきりしなかった。
一部の謎はクリア後の追加クエストで明かしても足りない感じです。


※Ver6.5後編メインストーリー内容は物語の多大なるネタバレがある。


Ver6天界ストーリー完結後に案内係から報酬「ちからのたね」「いのちのきのみ」「まりょくのたね」「スキルブック」の1個ずつが貰えた。

Ver6.5後編前半でラダ・ガートと付き合いがあってよかった。悪神になってしまった理由を明かした。

先延ばしにしたアシュレイとフォステイルは付き合いが無くて残念…。

ユーライザはVer6.5後編の前半で復帰してよかった。主人公と同行して活躍する機会を見せたり、前世の魂が甦って未練を果たして成仏した。

神化の力を尽きた英雄たちはほとんど消滅され、唯―残ったフォステイルは姿を晦まして行方不明。消滅か後日再会するどうか不明。
元々英雄たちは死者の魂です。前に未練を果たしたことは救いでした。

神となる候補は誰もいなくなってしまい、新たなアストルティアの神は不在のままでやり直しは何千年かかる…年を取らない天使達は未来を切り開いた主人公を見習って立ち直すことで良かったかな。

Ver6.0で差別態度を取って歓迎しない天使達は人とほとんど変わらないようで真実を知って反省するのが遅くて謝罪する天使達が多く見かけた。
→前にあるジア・クトの陰謀とある天使の思い込みでの噂が最大の原因で誤りを認めてしまう天使達は不満を買ってしまったことに一番苦情が多かったから。
主人公に味方する天使達(主にユーライザと天使長と審判の天使2人)は理解して偉かった。

ジア・レド・ゲノスの傲心と余裕で主人公潜入を許したり、相手を絶望に追い詰める冷酷非道な性格の仇になって敗北に繋がった。
もう一つの隠し能力は前任者が消滅されると、時間経過で別のジア・クト念晶体(適任者)の意識を乗っ取って復活することができる。乗っ取られたジア・クト念晶体の名の後にゲノスが付くという不滅の存在である。
このため、捨てられたジア・ルーベは再利用されて犠牲になった。誕生・生き残りのジア・クト念晶体がいる限りにゲノスが復活する可能性がある。
「ジア・クトは絶滅した」と言われたらしく本当かな。宇宙の中に他のジア・クトがいるかどうか不明。念晶化の魔物は鉱石念晶体で適任者では無いなのか乗っ取ることが出来ないかな。
ジア・クトの存在も消化不良で二番苦情が多かった。

Ver6物語の内に評価点はパドレ帰還(Ver6.4)、Ver6.3ムービー、Ver6ヒロイン枠であるユーライザの活躍ぐらいです。とても良かった感じでした。

バージョン7に繋ぐ予告映像は謎の物に近づいた杖(D02ハーゴンの杖と類似)を持った謎のフード少女が謎の物から光線に導いて外に出るシーンでした。
ゲノスが発言した滅された「青き妖精」とか「とこしえのゆりかご」に繋がるか、魔眼の月の破片が海に沈まれ、死せる結晶の荒野は放置されておって伏線があるかな。
20231014_01dqx13.jpg


Ver6クリア後のメインストーリー関連クエスト5つを消化して報酬は
「ふわふわコウリン」(傘)、
20231014_01dqx03.jpg
「テトラルの像」(家具:パターン変化)、
20231014_01dqx04.jpg
「神剣レクタリス」(おしゃれ用の両手剣)、
20231014_01dqx05.jpg
審判の天使セット(審判の天使服上,審判の天使服下,審判の天使リスト,審判の天使のくつ)が貰えた。
神剣レクタリスと審判の天使セットはカラーリング可。
20231014_01dqx06.jpg

20231014_01dqx09.jpg20231014_01dqx10.jpg

残りVer6.5後期の追加クエスト半分を消化するのは2時間半かかり、報酬は
DQXショップ印章、
20231014_01dqx11.jpg
天使のタベストリー(家具:大きさ3段階変化)、
アルヴァンの像(家具・庭具:パターン変化)、
スカーレットグラス(顔アクセ)です。
20231014_01dqx07.jpg
20231014_01dqx08.jpg
スカーレットグラスはカッコイイサングラスでカラーリング可。
20231014_01dqx12.jpg

関連記事

テーマ : ドラゴンクエストⅩ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

夜天

Author:夜天
リアル多忙・自己都合により、 ブログ更新頻度減少・記事投稿遅延します。

ゲームとアニメ鑑賞する際に思いつくままに書くマイペースです。
見落としと文章力不足とコミュ障でミスが出てしまう程の見逃しがあると思います。間違い等があればご指摘お願いします。

このブログを閲覧する上で記事内容と画像に関してネタバレが含まれる可能性があることをご留意下さい。
コメントとトラックバックは公序良俗に反する表現の含める記入しないで下さい。もし、不適切と思われるコメントを発見次第に処分させて頂きます。
このブログ内の記事内容や画像を悪用・不快な利用しないで下さい。及びゲームデータ不正改造に利用しないでください。
※このブログに記載の記事・画像などの無断転載・本来の目的に反する使用を禁じます。

Twitter相互フォロー申請方は相互フォロー申請ページへ

相互リンク申請方,相互リンク申請頁へ

【DQ関連画像について】
このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
過去のログ v.コンパクト
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
タグクラウド

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
9位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
バロメーター
ブログの更新率
RSSリンクの表示
リンクフリー
【ポケモン関連】
ポケットモンスターオフィシャルサイト
Pokemon.com(北米)
포켓몬스터(韓国)
ポケモンメモ
ポケモン徹底攻略
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 攻略情報まとめwiki
ポケモンの友
ポケモン第六世代(XY・ORAS)・対戦考察まとめWiki
Main_Page(海外ポケモンWiki)
List of local Japanese event Pokemon distributions in Generation VI(第六世代配信ポケモンまとめ)

【ドラクエ10関連】
ドラクエXのプレイヤー専用サイト

【遊戯王関連】
遊戯王OCG公式サイト
遊戯王総合サイト
遊戯王カードWiki
ブログ共有
蒼き月に耀く夜空で留まりし羽根 ポケモン幻影夜天(旧2:保管状態)
過ぎ去りし夜空をにぎわす羽根 ~ポケモン夢幻夜天~(旧1:保管状態)
色違いポケモンゲット蒐集への夢路を辿る幻想夜天(副)
相互リンク(BlogPeople)
準備中。